私の迷宮はこんなでした。

 

将臣「落ち着け、九郎 今、俺が…―――っ」

九郎「だめ…だ 手が勝手に 止まらないんだ将臣…」

将臣「九郎……」

九郎「だめだ…俺は―――将臣、離れろ…」

将臣「大丈夫だ」

九郎「将臣 しかし、俺が俺ではなくなってしまったら―――このままでは……」

将臣「九郎…大丈夫だ」

将臣「何も怖がらなくていい 何も心配しなくていい」

九郎「将臣…」

茶吉尼天「……無駄だ その男はすでに私に心を食われた者」

茶吉尼天「力のかけた地の青龍だ 何をしても……」

将臣「九郎、大丈夫だ―――わかるな」

将臣「お前はお前だ 絶対に…それは変わらない」

将臣「あの時から、ずっと、何があったって」

将臣「お前は俺の相棒で、大事な―――」

九郎「将臣……ああ、そうだな」

 

 

 

 

『手に入れにいこう 俺たちの―――未来を』

 

 

 

 

 

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット